2016年1月アーカイブ

昨年10月、アメリカ・アトランタで開催された環太平洋経済連携協定閣僚会合において、TPPが大筋合意されたと発表されました。特に影響が大きいと予想さえる農業界においては、今後、農業経営を維持・発展させて行くために、TPPによってもたらされることを想定し、将来設計にしっかりと組み込んでいくことが求められます。また、この様に経営環境が変化する中にあっても、農業生産を維持し、地域への貢献を行う事に対する農業法人への期待と要望は変わらないものがあります。

そこでこの度のセミナーでは、「わが社の将来設計~中長期の将来展望とその活動~」をテーマにセミナーを開催。北海道農業に携わる企業のトップランナーのお一人であられる株式会社山本忠信商店代表取締役社長山本英明氏をお招きし、地元に根差した企業活動の事例をご紹介いただくとともに、北海道の農業者に求められる展望についてお話いただきます。また、日頃より会員企業との取引を行うサポータークラブ会員にも発表をいただきます。将来展望のヒントとなる機会ですので、是非ご参加ください。

 

「わが社の将来設計

~中長期の将来展望とその活動~」

 

開催概要

月 日   平成28年2月25日(木)

場 所   札幌全日空ホテル  3階「祥雲」

札幌市中央区北3条西1−2−9  TEL 011-221-4411

セミナー会費 無料 

※宿泊、懇親会費は別途料金がかかります。

※会場駐車場料金200円(三時間まで以後30分毎200円)

当日は名札代わりになりますので、名刺をご持参ください。

 

タイムテーブル

12:3014:30 第21回定期総会(一般会員のみ)

15:0017:50 農業法人経営セミナー2016

 発表者:株式会社山本忠信商店 代表取締役社長 山本 英明 氏 (100分)

 発表者:もりや産業株式会社 (サポータークラブ会員)(45分) 

18:00~     懇親会&ACA選手権(20:00終了)、2次会

 

ゲスト

株式会社 山本忠信商店 代表取締役社長 山本 英明 氏

1959年音更町生まれ。祖父が創業した穀物卸販売を手がける同社に87年入社。2005年より現職。

農業はコミュニケーション産業である」というミッ ションの元、「生産者と共に取り組みたい」という実需の願いと、「消費者の喜ぶ姿に接したい」という生産者の願いを結ぶ『コミュニケーションカンパニー』であることを使命として活動を行う。小麦生産者とのプロジェクトであるチホク会や豆生産者とのプロジェクトであるビーンズ倶楽部の取り組み等、農業者・企業が手を携え、十勝の小麦の知名度・付加価値向上、食産業活性化に尽力している。

 

 

詳細は案内にてご確認ください。

参加ご希望の方は申込用紙をご記入の上FAXにてお申し込み下さい。



2016経営セミナー案内.docx

 

2016総会参加申込用紙.doc

 

 

申込締切り 2月12日(金) 株式会社ノマド 宛

FAX送信先 011-261-1998

 

 

【お問合せ先】

北海道農業法人協会事務局 本西、鍛冶

TEL011-233-0145

Emailjimukyoku@h-agri.jp

北海道農業法人協会

〒060-0062
札幌市中央区南2条西6丁目8-14
一閤(いっこう)ビル1F

[アクセスマップ]

[営業時間]9:00~17:00
[TEL]011-233-0145
[FAX]011-233-0133

ACA選手権試合
GO TO TOP