2015年9月アーカイブ

この度当協会では、標記勉強会として現地視察を開催いたします。

詳細につきましては下記をご覧のうえ、参加をご希望の場合は、申込欄に必要事項をご記入の上、お申込み下さい。宜しくお願い致します。              

 

 

■日 時:平成27年10月26日(月)13:30~15:00     

■視察先:ファームズ千代田(上川郡美瑛町春日台4221番地)

■参加費:無料  

 ■内容

  びえい和牛繁殖一貫牧場自家産種牛による子牛生産と育成)

繁殖和牛 : 約850

繁殖牛舎4棟・育成舎7棟・人工授精所1棟・肥育牛舎18棟 他

千代田ジャージー牧場(搾乳とそれらを使った乳製品の製造)

ジャージー牛の搾乳牛  0頭・ジャージー牛の育成  0

ブラウンスイス種の育成・繁殖  若干頭数

  ③エコ事業部

敷料の有機堆肥化・牧場内の環境整備・ゴミ分別処理の推進

  ④6次化による観光事業の拡大

 

■スケジュール

    (昼食は施設内のファームレストラン千代田をご利用ください)

13:30~15:00  事業の説明と施設案内

 

   

■応募締切:10月9日(金)までにFAX011-233-0133にお申込み下さい

案内:第4回のぶし経営塾「大型酪農研修会」.doc
北海道農政事務所からのお知らせです。


一般財団法人食品業センターでは、今般、農林水産省の補助事業で、「平成27年度6次産業化人材育成支援事業(起業研修会の開催)」を下記の通り実施することとなりましたのでご案内いたします。

 

<担当>一般財団法人食品産業センター振興部「小平・伊藤」

電話:03-3224-2386/FAX:03-3224-2397

URLhttp://www.shokusan.or.jp

 

★参加申込方法(下記いずれかでお願いします)

・メールアドレス:6ji-kigyou@shokusan.or.jp

FAX:03-3224-2397

・電話:03-3224-2386/2392(担当:小平・伊藤)

 

1. 開催場所  旭川市道北経済センター

 

2. 開催時期:(前半)平成271028日(水),29日(木),30日(金)

(後半)115日(木),6日(金)

 

3. 対象者:下記のいずれかに該当する方

ア)農林水産物を自ら加工・販売する事業へ進出を考えている生産者

イ)新たに6次産業化事業体を設立する等により6次産業化に取組もうとする方

ウ)将来的に6次産業化に取組む希望を有している学生等6次産業化の起業に意欲のある方

 

4. 募集人数:各会場20名程度

 応募理由等考慮の上選定し、定員になり次第締め切ります。つきましては、お早めにお申し込み下さい。

選定された方にはセンターよりメール等にて連絡いたします。

 

5.参加費:無料

 

6.研修プログラム

【1日目】

①6次産業化起業の心構え・経験談(6次産業化起業の事例研究)

講師:有限会社多田農園代表取締役代代表取締役 多田 繁夫 氏

6次産業化におけるマーケティング

 講師:折笠 俊輔氏(公財)流通経済研究所

【2日目】

①6次産業化商品の開発(商品開発の企画と食品の品質・衛生管理)

講師:キースタッフ(株)鳥巣研二氏

②6次産業化商品の開発②(食品の包装・規格・表示)

講師:同上

③6次産業化に必要な実務(法人経営体の設立、会計、資金調達)

講師:事業承継センター(株)代表取締役CEO内藤博氏・日本政策金融公庫農林水産事業部担当官

【3日目】

①実地研修:()多田農園

4日目】

①事業プラン作成の際のポイント:講師:伊藤 順氏(6次化プランナー)

②事業プラン作成

【5日目】

①事業プラン作成

②事業プラン発表会


○実施期間 : 平成27年11月29日(日)~12月1日(火) 2泊3日

○研修趣旨 :今回の国内視察交流研修は、三重県を中心に回ります。従業員の皆様にもお気軽にご参加いただける内容ですので奮ってお申込みください。

○主  催 : 北海道農業法人協会          

○参加費 : 75,000円~

 

≪宿泊について≫ 一人部屋追加料金 1泊あたり¥2,000(ただし数に限りがあります)

 

≪指定担い手割引について≫

※次世代経営者育成を目指し、担い手候補の研修参加に対して1万円の助成を行います。

※指定担い手は、会員経営者が指定する担い手候補(1社1名)といたします。年齢、勤続年数は問いません。

※指定担い手は、研修の全行程に参加し、研修後に報告書の提出をお願いいたします。

※指定担い手割引を利用される経営者の方は、後日実施するアンケート調査にご協力ください。

 

≪お申込み・手配≫:㈱ノマド 担当/河本TEL:011-261-2039,

FAX:011-261-1998,E-Mailkawamoto@hokkaido-nomad.co.jp

(別紙「申し込み用紙」記入の上、FAX・郵送・e-mailにて、お申込み下さい。)

(注:別手配やシングル希望などご希望がありましたら、申込書の備考欄にご記入願います。)

○企画お問合せ:北海道農業法人協会事務局 担当/本西、鍛冶 TEL011-233-0145

○申込締切 : 平成27年10月28日(水) 定員43名 先着順

2015申込用紙.xlsx


 

≪研修内容≫

◆有限会社 木曽岬農業センター(40haの水田で稲作中心の大規模型経営と150haの作業受託)

 弊社は、農作業一般請負業として農家の大切な田を預かり管理をし、土壌改良・種まきから収穫稲刈りまで一貫してやっています。我々自身の口に入るお米だからこそ品質にもこだわり、減農薬で安心・安全で美味しいお米作りを続けます。(HPより)

 

◆農事組合法人 クマダ(200戸を超える大規模集落営農)

 本組合は、5 集落において効率的な農業を展開するため、全戸出資型の農事組合法人として 1998 年に設立された。米、麦、大豆を 2 3 作の作付け体系で栽培しており、2009 年には隣接する3 集落の担い手にも位置付けられる。2011 年度の業務実績は水稲 37.7ha、小麦 56.3ha、大豆 55.6ha で、構成員は246 名である。

 

◆有限会社 中林牧場(他地域をつなぐ一貫生産と農場HACCP管理)

伝統的な肉牛肥育の産地である伊賀地域と、優良な子牛生産地である宮崎県を結んで繁殖一貫経営を確立するとともに、農場HACCPに取り組むなど、全国のトップリーダーとして肉牛事業の発展に貢献。

 

◆株式会社 伊賀の里モクモク手づくりファーム(代表的な農業公園のパイオニア)

伊賀の里モクモク手づくりファームは、三重県伊賀市に位置する、農事組合法人伊賀の里モクモク手づくりファーム運営の農業公園。通称はモクモクファーム。「モクモク」の名は三重県内における著名な食品ブランドのひとつとなっており、同法人による食品は、ファームのほか県下百貨店やインターネット上でも販売されている。

 

○伊勢神宮

「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれ、辞書などでは「伊勢神宮」と紹介されていますが、単に「神宮」というのが正式な名称です。神宮とは、伊勢の宇治の五十鈴川のほとりにご鎮座の皇大神宮(内宮=ないくう)と、伊勢の山田の原にご鎮座の豊受大神宮(外宮=げくう)の総称で、古くは伊勢太神宮(いせのおおみかみのみや)ともいいました。

 この両大神宮の正宮には、別宮、摂社、末社、所管社が所属しており、全てで125の宮社を数え、これらの宮社をふくめた場合も神宮といいます。

 別宮とは、ご正宮の「わけみや」の意味で、所属の宮社のなかでも重んじられ皇大神宮に10所、豊受大神宮に4所の別宮があります。

 

≪キャンセルについて≫

11/7までのキャンセル:無料、11/8から11/20まで:旅費の20%、11/21から27まで:30

11/2840% 、旅行当日(出発前):50% 、旅行出発後:100



/

発着

時間

行程

開始

終了

11

/

29

 

新千歳発・セントレア着

セントレア発

 

桑名発・鈴鹿着

 

鈴鹿発・四日市着

10:40

11:20

13:40

14:40

15:40

16:40

17:40

19:00

 

 

13:10

14:40

15:40

16:40

17:40

18:20

21:00

新千歳空港集合

JAL3106

貸切バス移動

木曽岬農業センター  視察

移動

()クマダ  視察

移動・ホテル

夕食 

四日市都ホテル泊

 

 

 

 

 

 

 

11

/

30

四日市発・伊賀着

 

 

 

伊賀発・伊勢着

 

 

8:30

10:00

14:00

14:30

15:30

19:00

 

10:00

14:00

14:30

15:30

17:30

 

モクモクファーム 視察・昼食

移動

中林牧場 視察

移動  途中 道の駅「関宿」休憩

夕食

伊勢パールホテル泊

 

 

 

12

/

1

 

 

 

伊勢神宮発

 

セントレア発・新千歳着

 

8:00

 

 

13:00

 

16:55

 

 

 

 

16:00

 

18:35

 

ホテル 発  

伊勢神宮参拝 

自由時間・昼食

 

 

JAL3115   解散

 

 

 


北海道農業法人協会

〒060-0062
札幌市中央区南2条西6丁目8-14
一閤(いっこう)ビル1F

[アクセスマップ]

[営業時間]9:00~17:00
[TEL]011-233-0145
[FAX]011-233-0133

ACA選手権試合
GO TO TOP