2014年6月アーカイブ

 北海道食品産業協議会の主催により、衛生管理技術の向上を目指すためのセミナーが開催されます。

本セミナーは、農林水産省の平成26年度「食品の品質管理体制強化対策事業」の一環として行うもので、漬物製造企業関係者だけでなく、食品業界全体に共通の課題を取り上げます。関係各位には是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

  <お申し込みはFAXにてお願い致します。尚、締切りは 7月11日と致します。>

 

■日時   平成26年7月14日(月曜日) 1330 15:30

■会場   かでる2・7 710号室 札幌市中央区北2条西7丁目

■主催  (一社)北海道食品産業協議会 / 北海道漬物類組合

■講師  戸ヶ崎 惠一 様 

【日本細菌検査株式会社 取締役会長、NPO分析技能検定機構 理事長、NPOHACCP実践研究会主幹研究員】

演題  「HACCPと微生物検査を含む各種検査との関係」

■要 旨

食中毒菌やアレルギー物質など危害要因の殆どは不可視的である。検査とは、これらを見える化・数値化して、問題的を明らかにするツールであり、HACCPや一般的衛生管理要件を正常に機能させるために必須である。ここでは、現場対応の微生物検査とアレルギー検査の計画作り(5W1H)と検査結果から導かれる改善や衛生意識向上のヒントなどを解説する。合わせて、浅漬での病原大腸菌事故を風化させないため、第三者が診た問題点、および、その解決策の基礎となる失敗学を、バーチャルリスク・コントロールをまじえて解説する。

■参加費  無料

■お問い合わせ 北海道漬物類組合 011-281-2711

■申込書   7月食品安全セミナー申込み.pdf

農業法人・家族経営・農作業受託組織等が、新たに就業希望者を雇用し、OJT研修を実施する(1.雇用就農者育成タイプ)、もしくは農業法人等が新たな農業法人の設立による独立を目指す者を雇用して実施する研修に対して(2.法人独立支援タイプ)その研修経費の一部を国が助成する「農の雇用事業」(平成26年度9月研修開始分)の参加者を募集しております。

 事業の対象となる研修生は、平成25年12月7日~26年7月14日までの間に、雇用期間を定めない正社員として採用され、正社員としての採用時に原則45歳未満の方となっています。

 事業の実施を希望される農業法人等の方は、平成26年6月1日~平成26年7月14日(必着)までに北海道農業会議に必要な申請書類を提出してください。詳しくは、北海道農業会議「農の雇用事業」サイトをご確認下さい。

http://www.nca.or.jp/Be-farmer/nounokoyou/original/

「農地中間管理事業の推進に関する法律」(平成25年法律第百一号)第17条第1項に基づき、下記のとおり、農地中間管理事業によって農用地等の借受けを希望される者を募集します。

■ 募集対象市町村及び募集地域(集落)名
  美瑛町ほか 道内19市町 105地域 (詳細

■ 募集期間
  平成26年6月2日(月)~7月1日(火)まで

■ 募集対象者
  認定農業者等の地域の担い手、新規参入者など

■ 応募方法
  「農用地等の借受希望申出書」に必要な事項を記載し、募集締切日までに募集対象市町村の農政担当窓口又は北海道農業公社(本所・支所)に郵送または持参により提出

 募集内容の詳細ならびにお問い合わせ
  http://www.adhokkaido.or.jp/ncb.html#ncb_2
  北海道農業公社 農地中間管理事業課まで

北海道農業法人協会

〒060-0062
札幌市中央区南2条西6丁目8-14
一閤(いっこう)ビル1F

[アクセスマップ]

[営業時間]9:00~17:00
[TEL]011-233-0145
[FAX]011-233-0133

ACA選手権試合
GO TO TOP