2013年10月アーカイブ

この度当協会では、サポータークラブ会員の協力により標記勉強会を開催いたします。

詳細につきましては下記をご覧のうえ、参加をご希望の場合は、申込欄に必要事項をご記入の上、お申込み下さい。宜しくお願い致します。              

 

 

■日 時:平成25年11月29日(金)13:30~15:30(開場13:00

     (オホーツク農業法人セミナーの翌日です)

■会 場:ホテル黒部

     北見市北7条西1丁目 Tel 015-3-251

■参加費:無料

■参集範囲:道内農業者・農業法人・関連企業・団体 (保険業者を除く)

■定員:30名程度(予定)

■内容:演 題「農業法人の人事労務管理と労働契約法改正について」

    講 師:三井住友海上株式会社 経営サポートセンター アドザイザー 門間 康二氏

 

    今年4月に改正された、労働契約法改正の概要説明と、今後農業分野でも増加するであろう個別労働紛争を回避するために、いまの内から準備すべき就労規則作成の注意点などについて、お話いただきます。             

 

   ■応募締切:11月12日(火)までに

     FAX011-233-0133にお申込み下さい

        
案内:第10回のぶし経営塾「労務管理北見」.doc


≪お問い合わせ≫

北海道農業法人協会 事務局

TEL:011-233-0145 FAX :011-233-0133

担当 本西・鍛冶


農業経営に携わる方々、農業法人経営に関係する方々に、経営を発展していくための

ヒントを得ていただくことを目的として「農業法人セミナー」を開催します。

 

◆日 時  平成25年11月28日(木) 13301700

◆場 所  北見芸術文化ホール    ℡ 0157-31-0909

      (きた・アート21 中ホール)

       北見市泉町1丁目2番22号 JR北見駅・駅南通側

◆参集者 自由参加

 農業経営に携わる皆さま向けのセミナーですが、「オホーツクの魅力発見」と

「生産現場のカイゼン」がテーマですので、農業関係以外の方もご参加ください。多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

◆参加費 無 料

 

◆タイムテーブル

1230 受付

1330 開会

13451515

  『 ~地域の宝を「探す」「磨く」「自慢する」~ オホーツク魅力アップ大作戦 』

   講師:株式会社リクルート北海道じゃらん    編集長  中西 基王 氏                              

15251700

 『 トヨタ生産方式で進める 農業の「カイゼン」 』

   講師:株式会社カイゼン・マイスター  チーフアドバイザー  石川 信 氏

 

◆参加申し込み 平成25115日(火)までに下記申込書よりFAXにてお申し込みください。

申込用紙.pdf


1 目的

上川管内農業法人ネットワーク10周年記念事業として、独創的な発想と行動力で

 石川県の限界集落の活性化に成功した取組事例について記念講演いただくとともに、

国から来年度の農業施策等について情報提供いただき、今後の経営戦略について研鑽

するとともに、会員相互の交流を図り、法人経営の発展に資する。


2 日時

平成25年11月16日(土)14:00~18:00


3 場所

旭川トーヨーホテル 3階 翡翠の間

(旭川市7条通7丁目32-12 TEL:0166-22-7575)


4 主催

上川管内農業法人ネットワーク


5 協賛

北海道農業法人協会


6 参集範囲

上川管内農業法人ネットワーク及び北海道農業法人協会会員、

市町村、農業委員会、農業協同組合、農業協同組合青年部、農業生産法人等


7 内容

(1) 講演「限界集落を蘇らせたスーパー公務員~ローマ法王に米を食べさせた男~」

講師 石川県羽咋市教育委員会文化財室 室長 高野 誠鮮 氏

   情報提供 平成26年度農業政策予算について(仮)

講師 農林水産省経営局職員(未定)

(2)チェロ&ピアノ演奏

チェロ奏者  山口 健 氏、ピアノ奏者  中島 幸恵 氏

8 参加費

当ネットワーク会員は無料、一般参加者は1,000円


9 懇親会(18:00~20:00)

①場 所  旭川トーヨーホテル 3階 琥珀の間

②参加費  お一人5,000円


10 参加申込方法

平成25年11月6日(水)までに下記申込用紙により、FAX又は郵送でお申込み願いします。

なお、会場の都合により人数調整させていただく場合があります。

申込用紙.pdf


 平成25年10月2、3日の2日間、(一社)日本フードサービス協会、(一社)日本惣菜協会、(公社)日本農業法人協会との主催により、北海道産地交流商談会を、帯広市を中心とした十勝地域で開催いたしました。
北海道での開催となった今回の産地交流商談会では、産地視察として会員6社の圃場、施設を周り、生産現場の取り組みを紹介。商談会では19社が出展しての商談が行われました。懇談会には、議会開催期間中でご多忙の中、橋本博行十勝総合振興局長、米沢則寿帯広市長にもご臨席いただき、ご挨拶をいただきました。
 2日間に渡って行われた現地視察では、畑作、野菜、肉牛、酪農と、バラエティに富んだ生産現場の視察を行い、代表自らソフトクリームを振舞ったり、一般では口にすることのできない生鮮ごぼうを絞ったジュースを提供したりするなど、生産現場ならではの製品紹介を行いました。商談会では新村浩隆理事(㈲十勝しんむら牧場)らそれぞれの所属団体の代表から出展者の紹介が行われたあと、20社を超える外食、中食企業からのバイヤーが各ブースを周る形で商談が行われました。商談の結果、サンプル出荷の依頼があったほか、早くも受注に結び付いた出展者もあったようです。
 懇親会では、出展者の食材をレシピ提案する形で料理が出され、日本フードサービス協会渡辺正夫副会長、日本惣菜協会堀冨士夫会長、日本農業法人協会笠原 節夫副会長による主催者挨拶とご来賓の挨拶の後、日本フードサービス協会小林均副会長の発声により、中標津ビールでの乾杯が行われ、会場料理を挟みながら盛んな情報交換が行われていました。
 参加されたバイヤーからは、農業者の農産物生産に掛ける熱い思いを知ることができた。我々もこの思いを伝えるための努力していかなければならないといった声が聞かれ、農業者側からは、今後も交流を重ねて商品企画やマーケティングの部分を磨いていきたいといった感想も聞かれ、商談以外にも異業種交流の場としても有意義な機会となりました。
今回は十勝地域での開催となりましたが、今後は上川や道南など別の地域での開催、また、今回とは逆に農業生産者が外食、中食産業のバックヤードを視察するような開催も検討していきたいと思います。

201310004商談交流会.jpg
201310004商談交流会5.jpg

















201310004商談交流会2.jpg201310004商談交流会1.jpg





















201310004商談交流会3.jpg


201310004商談交流会4.jpg

北海道農業法人協会

〒060-0062
札幌市中央区南2条西6丁目8-14
一閤(いっこう)ビル1F

[アクセスマップ]

[営業時間]9:00~17:00
[TEL]011-233-0145
[FAX]011-233-0133

ACA選手権試合
GO TO TOP