2013年9月アーカイブ

 平成25年9月5、6日の両日、福島県いわき市において、北海道・東北農業法人WEEK2013inふくしまが開催されました。東日本大震災ならびに東京電力福島第一原子力発電所事故からの復旧・復興のシンボルとなっているスパリゾートハワイアンズで開催された農業法人WEEKでは、元航空幕僚長の田母神俊雄氏による基調講演のほか、有限会社とまとランドいわきの専務取締役元木寛氏より、被災後の復興努力によって被災前に比べても経営が改善した事例報告が行われました。

 また、幹事県の福島県協会の高橋会長からは、INESレベル3の汚染水漏えいの事例があまりに重く受け止められていないことに対する危機感が述べられ、北海道・東北ブロックの法人協会会長と道東北ブロック選出の伊藤副会長の連名により『汚染水東京電力福島第一原発放射能汚染水漏出問題の国主導による抜本対策の加速化に関する要望』が緊急決議され、後日、政府ならびに東京電力に対し提出されました。

 2日目に行われた現地視察では、昨年8月から避難指示解除準備区域となった、福島第一原子力発電所から20㎞区域内の楢葉町にあるサンフレッシュならはの震災後から手つかずで枯れたままの温室施設のほか、初日に事例報告されたとまとランドいわきが紹介されました。

 震災から2年以上の年月が経過し、農業復興の萌芽が見られるようになりましたが、一方で、生産者の努力により市場より高値で取引されていた商品に対する損害賠償が認められていなかったり、除染により取り除かれた土などが依然として仮置きされた状況にあったりと、今後も解決に向けて長い年月の努力を継続していかなければならない現状があります。北海道、東北の農業法人として繋がった連携を切らさず、個々の経営努力をつづけていくことが求められます。


20130905week.jpg
20130905week2.jpg

81日(木)トーヨーグランドホテル(中標津)において、ねむろ農業法人ネットワークとの共催による平成25年度第8回のぶし経営塾「酪農に関するホクレンとの意見交換会」を開催いたしました。

 今回ののぶし経営塾では、「経営者と従業員がともに生き甲斐を持てる農場づくり」をメインテーマに、サポータークラブ会員のご協力の下、人事労務管理に関する講習会と農場マネジメントシステム実施者によるパネルディスカッションを実施いたしました。

 第1部の講演会では、サポータークラブ会員の三井住友海上株式会社より社会保険労務士の門間康二氏を講師に、札幌でののぶし経営塾に引き続き「農業法人の人事労務管理と労働契約法改正について」と題して、労働契約法改正の概要説明と、今後農業分野でも増加するであろう個別労働紛争を回避するために準備すべき就労規則作成の注意点などについて、お話いただきました。参加者からは、「気を付けていたが対応できていない部分があった」といった声も聴かれ、皆さん熱心に耳を傾けていました。

第2部のパネルディスカッションでは、サポータークラブ会員GB産業化設計の岩井宏文代表をコーディネーターに、サポータークラブ会員のオーレンス総合経営より本間直樹氏、会員から有限会社藤井牧場の藤井代表、有限会社竹下牧場の竹下代表、そして別海町酪農研修牧場の谷野利一場長をパネラーに、農場HACCPISOといった認証制度を背景に、人材育成や組織づくりにフォーカスを当てたディスカッションが行われました。

ディスカッションでは、なぜ認証制度が人材育成や組織づくりに役立つのかを取り組みを始めた経緯やそこでの経験を交えて紹介し、制度の根幹にもあるPDCAサイクルや経営の見える化、コミュニケーションの重要性についての考え方が述べられました。また、研修農場と法人が連携した人材獲得とその育成についても提案がなされました。

その後の意見交換会では、「目標設定を考えてみたい」「自分の農場は(PDCAサイクルの)チェックが出来ていない」といった感想が聞かれ、自社の取り組みを改めて見直す機会となったほか、経営の見える化は、農業法人全体として持つべき問題意識として提起されました。


20130801のぶし8-1.jpg

20130801のぶし8.jpg




















20130801のぶし8-2.jpg

 農業分野は、日本経済の再生に向けて本年6月、国策として決定された新たな成長戦略である「日本再興戦略 -JAPAN is BACK - 」においても大変注目が集まっています。

 実際の現場では、事業経営におけるマーケティング(ブランド化を含む)、補助金等が関心を集め、特に重要視されています。一方で、今後アグリビジネスがより盛んになっていくためには、リスクマネジメントの観点からの アプローチも重要であると考えられます。

 本セミナーでは、主にアグリビジネスにおいてプレーヤーとなり得る方々を対象とし、農林水産省・経済産業省の施策や、リスクマネジメントの観点を踏まえた有益な情報(企業事例を含む)をご案内します。

ぜひご参加ください。

 

(1)日時 20131025日(金) 1330 ~ 1630 (開場1300

 

(2)会場 :三井住友海上駿河台新館 3階(TKPカンファレンスセンター)

      東京都千代田区神田駿河台3-11-1

 

(3)主催 :株式会社インターリスク総研、三井住友海上火災保険株式会社

 

(4)テーマ・講演者

リスクマネジメントのポイントや、所管官庁における施策の最新情報等を紹介します。

 【第一部】リスクマネジメントと企業実例紹介

           インターリスク総研 コンサルティング第一部 

ERMグループ  依田麻衣子

 

 【第二部】特別講演 農地中間管理機構(仮称)の検討状況

            農林水産省 経営局 経営政策課 課長補佐 木村 崇之氏

     

    特別講演 農業の成長産業化について

               経済産業省 地域経済産業グループ 地域経済産業政策課 

課長補佐 大星 光弘氏

(5)定員  :150 ( 定員になり次第締め切らせて頂きます )

(6)参加費 :無料

(7)お申込み・詳細 フード&アグリビジネスセミナー案内&申込み.pdf

今回の国内視察交流研修は、九州上陸、長崎・福岡県を回ります。長崎では農家8戸による直売所からスタートし全国地産地消コンクールで最高賞を受賞するほどの交流拠点となった生産者を訪問します。2日目午後からは「農業法人全国秋季セミナー2013福岡」に参加し、全国からやってくる農業者との交流や情報交換の場にします。従業員の皆様にもお気軽にご参加いただける内容ですので奮ってお申込みください。

◆主  催 : 北海道農業法人協会

◆実施期間 : 

平成25年11月19日(火)~21日(木) 

 

/

発着

時間

行程

宿泊

11/19

(火)

千歳発

長崎着

 

 

市内着

 

 

8:00

12:20

13:00

14:30

15:15

17:45

18:10

20:10

07:15千歳集合。JAL-500,1843(羽田経由)

おおむら夢ファーム 移動

【おおむら夢ファーム 山口代表講話・視察・昼食】

おおむら夢ファーム 出発

「長崎平和記念公園・原爆資料館」「グラバー園」見学

ホテルモントレ長崎 チェックイン

「中華菜館 福壽」で夕食 長崎県農業法人協会役員同席

自由行動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルモントレ長崎

定員2

11/20

(水)

市内発

博多着

 

博多発

 

 

 

岡垣着

8:00

10:30

11:30

12:00

13:00

 

18:00

18:30

21:00

ホテルモントレ長崎 出発

「博多ふよう」で昼食

博多駅 到着

【農業法人全国秋季セミナー2013in福岡 現地視察】出発

選択《Aコース キノコの町づくりと循環型農業》

選択《Bコース 特色あるハーブ栽培と地産地消》

選択《Cコース 地域密着レストランと異業種参入》

スローリゾート「ぶどうの樹」 到着

交流会

 ホテル送迎      「玄海ロイヤルホテル」泊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄海ロイヤルホテル

定員23

11/21

(木)

 

 

宗像発

福岡着

福岡発

千歳着

9:00

10:05

12:00

13:15

14:15

16:25

【農業法人全国秋季セミナー2013in福岡 全体会】

パネルディスカッション 途中で退席

玄海ロイヤルホテル 出発           

各自で昼食

JAL-3515

解散

 

 

 

 

 

  


 

◆費 用 :会員価格¥87,000*全ての研修費、食事、宿泊、移動などが含まれております。)

1日目一人部屋追加料金 ¥525(ただし数に限りがあります)

2日目以降、部分参加の場合以下の金額が上記金額よりマイナスされます

( 2日目現地視察4,000円、交流会7,500円、2日目宿泊8,000円、全体会5,000円)

 

◆お申込み・手配:㈱ノマド 担当/河本

TEL:011-261-2039,FAX:011-261-1998,E-Mailkawamoto@hokkaido-nomad.co.jp

(別紙「申し込み用紙」記入の上、FAX・郵送・e-mailにて、お申込み下さい。)

(注:別手配やシングル希望などご希望がありましたら、申込書の備考欄にご記入願います。)

◆企画お問合せ:北海道農業法人協会 事務局 担当/本西、鍛冶 TEL011-233-0131

◆申込締切 : 平成25年9月30日(月) 

●申込用紙.xls


※全国秋季セミナー申込の関係上、早めの締切となっておりますのでご協力のほど宜しくお願いいたします。


20日に合流する「農業法人全国秋季セミナー2013in福岡」の概要

「日本農業をセクシィに!~我々は変わり続ける~

 人々がアッと振り返るような農業を展開し、みんながドキッ!とするような農産物で、食卓にワクワクの感動を届けたいと思います。そして、世の中から、「おやっ!農業が魅力的になったなぁ!」と言われるような改革を続ける農業を提案します。今回は、様々な法人の形態や施設を見学し、異業種にも魅力を発信できる議論と交流を企画しております。日本の社会と農業に貢献できる法人経営を実現するために、多くの方々の参加をお願いいたします。

■主催(公社)日本農業法人協会、福岡県農業法人協会、九州・沖縄地区農業法人協会

■後援 福岡県 全国農業会議所 日本政策金融公庫 農林中央金庫 アグリフューチャージャパン 他

■場所 ①現地視察 A,B,Cの3コース

②交流会 スローリゾートぶどうの樹「ゆかいな果樹園」遠賀郡岡垣町手野183 TEL:093-282-2226

      ③全体会 玄海ロイヤルホテル 宗像市田野1303  TEL:0940-62-4111

一日目 

〔現地視察〕 Aコース キノコの町づくりと循環型農業への取り組み  

  JR博多駅 ⇒ おおき循環センターくるるん ⇒ (農)豊地の郷 ⇒ ぶどうの樹

   1200       13301430         15001530       18:00

 

Bコース 特色あるハーブ栽培と地産地消の取り組み

 JR博多駅 ⇒  (有)久保田農園  ⇒   伊都菜彩   ⇒ ぶどうの樹

    1230      13401440      15201620        18:00

 

Cコース 地域密着の農家レストランと異業種参入・連携

 JR博多駅 ⇒  エスジーグリーンハウス(株)   ⇒    ぶどうの樹

    1300         14301600             17001800

 

〔交流会〕 スローリゾートぶどうの樹「ゆかいな果樹園」にて盛大に執り行います!

二日目〔全体会〕

8:00 9:00 ◎受付

9:00 9:50 ◎開会 主催者挨拶・来賓祝辞

         ≪休憩≫

10:0512:10 ◎パネルディスカッション

○テーマ:「日本農業をセクシィに!~我々は変わり続ける~」

○パネラー:小役丸 秀一 氏(株式会社グラノ24K 代表) 

松藤 富士子氏(農事組合法人モアハウス 理事)  

久保田 稔 氏 (有限会社久保田農園)

○コーディネーター:半田 正樹 氏(株式会社農業経営支援センター 代表 税理士) 

 

12:20 ◎閉会

 

農林水産省平成25年度農山漁村6次産業化対策事業により、北海道内の6次産業化の支援を行っ ている、北海道6次産業化サポートセンター(一般社団法人北海道中小企業診断士会)の主催で、 「6次産業化シンポジウム・交流会」を開催することとなりましたので、皆様へお知らせいたします。


《6次産業化シンポジウム・交流会》 

■日  時 平成25年9月26日(木) 13:30~17:00
■場  所 KKRホテル札幌 2階 孔雀(札幌市中央区北4条西5丁目)
■対  象 6次産業化のアイデアをお探しの農林漁業者の方、ご関心のある方
■定  員 50名、参加無料
■主  催 6次産業化サポートセンター(一般社団法人中小企業診断士会)
■テーマ
 【第1部・シンポジウム】
  商品づくり、販路開拓、海外展開」について情報提供いたします
   ・農業を通じた商品づくりと付加価値向上
   ・6次産業化による販路開拓・海外展開
 【第2部・交流会】
  小規模グループによる講義で、学びながら交流できます
   ・あなたの農産物を使って何を6次化しますか?
   ・それをどこに売ったら儲かると考えますか?
■問い合わせ先
 一般社団法人 北海道中小企業診断士会
 担当:松本
 電話:011-241-8556
 北海道6次産業化サポートセンターHP: http://www.6sc-hokkaido.jp/
 


 公益社団法人 日本農業法人協会は、9月5日に福島県下で開催した北海道・東北ブロック交流会において、東京電力福島第一原発放射能汚染水漏えい問題について、政府主導の抜本対策の加速化に関する要望を緊急決議しました。
 この決議を受け、公益社団法人 日本農業法人協会はうつくしまふくしま農業法人協会とともに、9月9日、首相官邸において菅 義偉 官房長官と面会し、農業経営者の立場から「一刻も早く実効性のある具体的措置を国主導で講じるよう」要望を伝えました。
 政府が成長戦略でも掲げるジャパンブランドへの信頼の確保や、震災被災地から復興を目指す農業経営者や従業員の日々の努力を損なわないためにも、放射能汚染水問題の抜本対策については、政府の強力な関与が不可欠です。
 また、東京電力(株)の廣瀬直己代表執行役社長に対し、東京電力(株)の不作為と情報開示の遅れに対する厳重抗議を行いました。


報道関係者各位.pdf

2013年9月9日
公益社団法人 日本農業法人協会




北海道農業法人協会

〒060-0062
札幌市中央区南2条西6丁目8-14
一閤(いっこう)ビル1F

[アクセスマップ]

[営業時間]9:00~17:00
[TEL]011-233-0145
[FAX]011-233-0133

ACA選手権試合
GO TO TOP