2009年5月アーカイブ

 

標記につきまして、北海道農業法人協会会員からの参加者を募集します。

添付のPDFファイルをダウンロードし、平成21年6月10日までにFAXにて事務局までお申込みください。

 

  主催    北海道農業法人協会

  とき      平成21年6月19日(金) 15:00~17:00

  ところ   ギャラリー農窓

         札幌市中央区南2条西6丁目8番地 一閤ビル1階(電話011-200-8383)

  対象者  会員:無料、会員外:1,000円

  講師      ピーエス株式会社 代表取締役 平山 武久 氏 (サポーター企業会員)

  内容  【食べ物の室内気候】

農節経営塾(室内気候)ご案内.pdf

=================================================================================

【食べ物の室内気候】とは

ピーエスでは室内をいかに「自然に、快適に」というテーマで1970年代は暖房、

そして1960年代は産業用加湿などを手がけて参りました。

1980年代は北海道を中心に学校や病院、住宅まで人のための快適をご提案して参りました。

1990年代は高温多湿の本州以南の地域に対する快適、いわゆる夏の快適をつくるために空調ではなく、

冷やした水を使ってシステム(HR-C)を開発いたしました。

その結果、夏の人間のための快適をつくる経験をたくさんさせて頂きました。

さて2009年も夏に近づき、今はこの20年近く培って来たノウハウを食品、野菜などに

生かせないものかと考えが進化して来ております。

いったい、これから我々は何を重要視しなくてはならないのか。

私どもは「室内気候」という観点から食に対する提案をしたり、問題を解決したりしていきたいと強く感じております。

 皆さんとの対話の中で私たちの専門分野でできることは何か。これが今回の技術部会のテーマです。

異なった専門分野。そして重なった問題意識。

ここから押しつけではなく、自然体で解決を見つけるプロジェクトに発展することができれば幸いです。

私の方では今まで食に関連するような仕事のご紹介、そしてピーエスの持っている技術などについて

お話ができると考えております。

北海道農業法人協会 経営イノベーション推進プログラム
『のぶし(農節)経営塾』とは

世の節目”、“農の節目”を迎え、北海道の農業経営者や後継者が、自ら時代にあった農を考え、農を拓く“知恵”と“勇気”と“行動”を喚起することを目的にこの塾を設立しました。
平成8年の会設立以来、蓄積してきた実績や人材のネットワークを改めて見直し、北海道から発信する農を機軸とする社会・経済づくりへの契機として、国内外を問わない領域を超えた幅広い連携による塾運営を展開します。

運営体制
-主  催- 北海道農業法人協会
-企画運営- 北海道農業法人協会企画委員会、顧問
-協  力- 日本政策金融公庫札幌支店・帯広支店・北見支店農林水産事業、北海道銀行、財団法人北海道農業企業化研究所
-事務局- 北海道農業法人協会事務局
-拠点研修施設- ギャラリー『農窓(のまど)』 

 

北海道農業法人協会

〒060-0062
札幌市中央区南2条西6丁目8-14
一閤(いっこう)ビル1F

[アクセスマップ]

[営業時間]9:00~17:00
[TEL]011-233-0145
[FAX]011-233-0133

ACA選手権試合
GO TO TOP