研修会

今回の「のぶし経営塾」では、農業生産工程管理「GAP」をテーマに開催いたします。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの食料調達基準を満たす要件としてGAPが採用され、大会後も残るレガシーとして農産物の生産・流通に定着していくことが促されています。

「そもそもGAPって何か?」「J-GAP AdvanceGLOBALG.A.P.の違いは何か?」といったGAP全体の概要と運用の事例について解説するとともに、現在実施されている国際水準GAP認証取得支援事業についての紹介も行います。

詳細につきましては下記をご覧のうえ、参加をご希望の場合は、申込欄に必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

 

■日  時:平成29年7月24日(月)13:3017:00

■場  所:かでる2.7 310会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)

参加費:無料

内容

GAPについて」           13:30 ~ 16:30

   (一財)北海道農業企業化研究所 企画部 梅津国英 氏

     ・GAP概論、管理事例紹介、リスク評価について

 

「国際水準GAP認証取得支援事業」  16:30 ~ 17:00

  農林水産省北海道農政事務所           

 

■応募締切:7月21日(金) 

■申込み用紙 のぶし経営塾「GAP」案内申込.pdf

北海道農業法人協会酪農部会では会員の皆様との懇談会と、ホクレン農業協同組合連合会の酪農関係担当者を招いた標記意見交換会を開催いたします。

 

■日  時:平成29年2月23日(木)10:0016:30

■場  所:札幌全日空ホテル(札幌市中央区北3条西1丁目29)

■参加費:無料

■参集範囲:北海道農業法人協会 一般会員

■内容:

①酪農部会懇談会                    10:00 ~ 12:00

②ホクレンとの意見交換会

 第1部 乳価交渉について                              13:30 ~ 15:00

 第2部 酪乳業の状況ならびに増産体制構築について   15:00 ~ 16:30

 

■応募締切:2月17日(金) 

■諸注意:

※牛乳・乳製品の生産・流通等の改革に関連する国の議論が佳境であることから、②『ホクレンとの意見交換会』は急きょ延期される可能性がございます。

※意見書などお持ちの方は必ず午前の懇談会に出席し内容についての説明をお願いいたします。

 

■その他:意見交換会終了後懇親会を予定しております(会費4,000円予定)

 ※当日でのキャンセルは受けかねますのでご了承ください

■開催概要

日 時:平成29年2月22日(水) 15:00~17:50

場 所:札幌全日空ホテル(札幌市中央区北3条西1丁目29)011-221-4411

主 催:北海道農業法人協会

セミナー会費:無料

定員・参集範囲:150名

北海道農業法人協会会員(一般、賛助3団体、サポーター企業)、関係機関、興味のある一般の方など幅広く参集

 

■経営セミナー2017

○基調講演:「外国人採用と労務管理のポイント(仮)」

講師:三井住友海上経営サポートセンター アドバイザー 向井 孝行 氏

○パネルディスカッション:『外国人技能実習制度 ~現場の実際~(仮)』

 パネラー:ISS北海道事業協同組合 ㈱輝楽里 代表取締役 石田 清美 氏

      ㈲余湖農園         代表    余湖  智 氏


■申込み ※参加ご希望の方は2017総会参加申込用紙.pdfよりFAXにてお申し込み下さい。

     ※参加申込締切り 2月13日(月)

      宿泊申し込み締切り 2月6日(月)

 北海道農業法人協会では、全国で頑張っておられる女性農業経営者をお招きしたセミナーと、女性従業員、経営者の奥さんなど、女性を対象とした交流会を開催いたします。
セミナーでは、女性の視点を取り入れた経営の事例に触れることができ、経営発展のヒントとなるのではないかと思います。
 茶話会では、おなじ農業に携わる女性同士交流を図ります。抱えている問題や悩みなどおしゃべりし、問題解決のきっかけとしませんか?農場での忙しさを一時忘れて、楽しく交流のできる場にしたいと思います。
 多数の参加をお待ちしておりますとともに、経営者の方には参加への積極的な後押しをお願いいたします。                        
     
日時 平成29年1月24日(火)
●【講演】13:30 ~ 14:45 (※性別問わず誰でもご参加いただけます)
 「人との繋がりの中で、幸せを感じられる仕事づくり」
  京丸園株式会社(静岡) 総務取締役 鈴木 緑 様
≪農業の未来をつくる女性活躍経営体100選受賞経営体≫
 多品目の野菜とアイガモ農法のコメを栽培。ユニバーサル農業を積極的に取り組んでおられます。
   
●【茶話会】15:00 ~ 16:30 (※女性限定です)
 
場所 講 演:かでる2.7(札幌市中央区北2条西7丁目)
   茶話会:札幌グランドホテル(札幌市中央区北1条西4丁目)
     「ノーザンテラスダイナー」を予定しています

会費 1,850円(茶話会費用) 

締め切り 1月16日(月)までにFAXにてお申し込みください

『しっかり学べる経理・財務の講座を』という声にお応えし、サポータークラブ会員のご協力により開催してまいりました標記セミナーも、改善を重ね今年で3回目の開催となります。過去の開催では『理解できるまで時間をかけて教えてもらえたので勉強になった!』『実際知りたかったことがピンポイントで学べたので大変良かった』とご好評をいただいております。

詳細につきましては下記をご覧のうえ、参加をご希望の場合は、申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込み下さい。              

 

■日 時:

≪初心者コース≫ 平成281115日(火)13001800          

               月16日(水) 9001700        

≪経営者コース≫     1117日(木)13001800          

                月18日(金)   9001700   

 ※各コースとも2日間の連続講座となります           

 ※各コース初日終了後に受講者ならびに講師を交えての懇親会を予定      

■場 所:かでる2・7(札幌市中央区北2条西7丁目)

≪初心者コース≫  15日:750会議室  16日:1020会議室

 ≪経営者コース≫    17,18日:750会議室

■参加費:おひとり各コース16,000円(2日間計12時間、テキスト代、2日目お弁当含む)

  ※両コース参加の場合は31,000円(テキスト代1000円を減額)

  ※参加費は当日受付にてお支払下さい 

■最少催行:8名  

■講 師: 森下 浩 税理士

(税理士法人アンビシャス・パートナーズ代表社員 ラ・ファーム農業会計パートナーズ㈱代表取締役)

■応募締切:117日(月) 

■内 容

≪初心者コース≫

≪1日目≫ 1115日(火)13001800

第1章 農業会計

・農業会計の特質について分かり易く解説します

第2章 簿記の基本

・財務分析の基礎となる資産・負債・費用・収益について基礎から確認します

・減価償却、試算表、決算について意味、計算・作成方法、手続きを基礎から確認します

 

≪2日目≫ 1116日(水)9001700

第3章 財務諸表

・損益計算書、貸借対照表、貸借対照表と損益計算書の関係を基礎から確認します

第4章 農産物の原価計算

  ・原価計算の手続き、部門別原価計算について分かり易く解説します

 

~事例演習~

・自社の決算書を用いた財務分析(やさしめ)

 

※農業会計の初心者、従業員向けの講習です。これから会計業務に

たずさわる方、復習をしたい方におすすめです。

※自社の決算書などを用いた演習を多く実施いたします。

 

≪経営者コース≫

≪1日目≫ 1117日(木)13001800

1章 記帳結果の分析と活用

・財政状態の分析、経営成績の分析について分かり易く解説します

・金融機関が行っている財務分析、技術分析について分かり易く解説します

~事例演習~

・統計データから同業平均値を学ぶ

・自社の決算書を用いた財務分析

 

≪2日目≫ 1118日(金)9001700

第3章 管理会計

・管理会計の重要性、経営計画の作成、決算対策の方法について分かり易く解説します

第4章 金融機関との付き合い方

・融資審査、資金繰表の作成、粉飾決算の意味について分かり易く解説します

 

~事例演習~

自社の決算書を用いた融資審査

 

※法人経営者向けの講習です。次の担い手として期待されている方、

契約している税理士の話がいまいち理解できない方におすすめです。

※融資や投資を受けるための方策について考えます。

※自社の決算書などを用いた演習を多く実施いたします。

 

■その他:受講の際は、2期分の自社の決算書をお持ち下さい。

■申込用紙 案内申込「農業経理財務集中講座」.pdf

道では近年増加している外国人観光客による経済効果を農業や農村地域に取り込むため、直売市等における外国人観光客への販売力向上を目的とし、直売市に出店する生産者等を対象とした標記研修会を次のとおり開催いたします。

 

1.主催 北海道(農政部食の安全推進局食政課、上川総合振興局産業振興部農務課)

2.協力 富良野市(経済部農林課)

3.日時 平成27年12月1日(火)13時30分~15時30分

4.場所 富良野チーズ工房 体験談和室(富良野市字中5区)

5.対象者 生産者、直売所、農家レストラン等関係者、市町村、農業協同組合(30名程度)

6.内容 

講演 直売市における外国人接客のためのコミュニケーション術

     北海商科大学商学部 教授 加藤 由紀子 氏

講演 受入事例から学ぶ外国人観光客の消費実態と対応

     株式会社大丸松坂屋セールスアソシエイツ経営企画室

      インバウンドリーダー 林田 尚之 氏

      インバウンド推進担当 候 瀟瀟 氏


実地アドバイス 

※前段の講演をふまえ、会場の富良野チーズ工房レストラン等で見学しつつ、ケーススタディを実施

 

7.申込み 別紙.pdfにより上川総合振興局産業振興部農務課へお申込み下さい

8.締め切 平成27年11月25日(水)

9.問い合わせ 農政部食の安全推進局食政課6次産業化グループ

        担当 石田 011-204-5432(内線27-693

この度当協会では、標記勉強会として現地視察を開催いたします。

詳細につきましては下記をご覧のうえ、参加をご希望の場合は、申込欄に必要事項をご記入の上、お申込み下さい。宜しくお願い致します。              

 

 

■日 時:平成27年10月26日(月)13:30~15:00     

■視察先:ファームズ千代田(上川郡美瑛町春日台4221番地)

■参加費:無料  

 ■内容

  びえい和牛繁殖一貫牧場自家産種牛による子牛生産と育成)

繁殖和牛 : 約850

繁殖牛舎4棟・育成舎7棟・人工授精所1棟・肥育牛舎18棟 他

千代田ジャージー牧場(搾乳とそれらを使った乳製品の製造)

ジャージー牛の搾乳牛  0頭・ジャージー牛の育成  0

ブラウンスイス種の育成・繁殖  若干頭数

  ③エコ事業部

敷料の有機堆肥化・牧場内の環境整備・ゴミ分別処理の推進

  ④6次化による観光事業の拡大

 

■スケジュール

    (昼食は施設内のファームレストラン千代田をご利用ください)

13:30~15:00  事業の説明と施設案内

 

   

■応募締切:10月9日(金)までにFAX011-233-0133にお申込み下さい

案内:第4回のぶし経営塾「大型酪農研修会」.doc

農業生産法人等の農業経営者がいつか必ず迎える「経営移譲・継承」にスポットをあて、スムーズに経営継承を行うための知識を学ぶスキルアップ講座(第1回~第3回)が開催されます。農業生産法人構成員などの農業経営者(譲る方)はもちろん、法人従業員や農家子弟などの後継候補者(譲り受ける方)のご参加も歓迎いたします。

                    記 

        農業経営者のためのスキルアップ講座(第1回)

 
   時: 平成26129日(火) 1330分~1500 
 
 場  所: オホーツク総合振興局 3階講堂 (網走市北7条西3丁目) 
 
 参集範囲: 農業生産法人構成員および従業員、農業者、新規就農者(農家子弟等後継者候補含む)、市町村、農業委員会、農協等農業関係団体職員等
 
④タイムテーブル

1300 受付

1330 開会

13351455  『 来たるべき相続税大増税時代に対応する相続・事業承継の勘所  』
・簡単にできる相続税負担軽減対策アレコレ
・事業承継対策の勘どころ
・円満な相続・事業継承を実現させる遺言書作成のススメ

       講師:宮田昇税理士事務所 代表  宮田 昇 氏 

 ⑤主催:北海道オホーツク総合振興局
⑥お申込み:
参加申込書(スキルアップ講座).pdfに必要事項をご記入の上、12月1日(月)までにFAX0152-44-0240までお申し込みください


-お申込み・お問い合わせ先-
 ○北海道オホーツク総合振興局農務課  ℡ 0152-41-0662(担当:三丈)

農業経営に携わる方々、農業法人経営に関係する方々に、経営を発展していくためのヒントを得ていただくことを目的として「農業法人セミナー」を開催します 

                    記 

        平成
26年度オホーツク農業法人セミナー 

    時: 平成26125日(金) 1330分~1700 
 
 場  所: 北見芸術文化ホール(北見市泉町1丁目2番22号 JR北見駅・駅南通側) 
 
 参集範囲: 自由参加
 
④タイムテーブル

1230 受付

1330 開会

13451515  『 予測できない自然の変化と私達の食べ物の世界  』

       講師:江別製粉株式会社 代表取締役社長  安孫子 建雄 氏 

15251700 『 農業は大きなビジネスチャンス ~経営を強くする人材育成とは~  』

       講師:株式会社サラダボウル 代表取締役社長  田中 進 氏

 ⑤主催:北海道オホーツク総合振興局・網走農業改良普及センター、北海道農業法人協会、日本政策金融公庫北見支店(OAFの会)

-お問い合わせ先-
 ○北海道オホーツク総合振興局農務課  ℡ 0152-41-0662(担当:三丈)
 ○網走農業改良普及センター        ℡ 0157-36-1421(担当:吉川)
 ○日本政策金融公庫北見支店        ℡ 0157-61-8212(担当:奥山)

26オホーツクセミナーパンフレット.pdf

 北海道食品産業協議会の主催により、衛生管理技術の向上を目指すためのセミナーが開催されます。

本セミナーは、農林水産省の平成26年度「食品の品質管理体制強化対策事業」の一環として行うもので、漬物製造企業関係者だけでなく、食品業界全体に共通の課題を取り上げます。関係各位には是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

  <お申し込みはFAXにてお願い致します。尚、締切りは 7月11日と致します。>

 

■日時   平成26年7月14日(月曜日) 1330 15:30

■会場   かでる2・7 710号室 札幌市中央区北2条西7丁目

■主催  (一社)北海道食品産業協議会 / 北海道漬物類組合

■講師  戸ヶ崎 惠一 様 

【日本細菌検査株式会社 取締役会長、NPO分析技能検定機構 理事長、NPOHACCP実践研究会主幹研究員】

演題  「HACCPと微生物検査を含む各種検査との関係」

■要 旨

食中毒菌やアレルギー物質など危害要因の殆どは不可視的である。検査とは、これらを見える化・数値化して、問題的を明らかにするツールであり、HACCPや一般的衛生管理要件を正常に機能させるために必須である。ここでは、現場対応の微生物検査とアレルギー検査の計画作り(5W1H)と検査結果から導かれる改善や衛生意識向上のヒントなどを解説する。合わせて、浅漬での病原大腸菌事故を風化させないため、第三者が診た問題点、および、その解決策の基礎となる失敗学を、バーチャルリスク・コントロールをまじえて解説する。

■参加費  無料

■お問い合わせ 北海道漬物類組合 011-281-2711

■申込書   7月食品安全セミナー申込み.pdf

北海道農業法人協会

〒060-0062
札幌市中央区南2条西6丁目8-14
一閤(いっこう)ビル1F

[アクセスマップ]

[営業時間]9:00~17:00
[TEL]011-233-0145
[FAX]011-233-0133

ACA選手権試合

過去の記事

GO TO TOP