お知らせ

■日  時:平成30年4月25日(水)11:0012:00

■場  所:ホテルモントレエーデルホフ札幌

      (札幌市中央区北2条西1丁目1-10

  Tel 011-242-7111


■参集範囲:北海道農業法人協会員 北海道農業法人協会酪農部会員

内容

①酪農部会第3回総会          11:00 ~ 12:00

  1)平成29年度事業報告

  2)平成30年度事業計画(案)

 

②ホクレンとの意見交換会       13:00 ~ 15:00

情報提供/最新の乳製品の需給状況ならびに今年度乳価交渉について

意見交換/乳価交渉の状況に加え、今年度の酪農経営状況や増産体制構築について

平成31年10月に消費税率が変更されるタイミングで軽減税率制度が導入されます。
この制度では仕入れや販売の際の消費税の課税の有無や品目によって税率が変わります。
農業経営の場面で想定される事例を踏まえ、対象品目や取扱い例について説明を行います。


■日  時:平成30年2月22日(木)10:012:00

■場  所:ANAクラウンプラザホテル札幌(札幌市中央区北3条西1丁目)

       24階 白楊

■参加費:無料

■内容:

札幌国税局課税第二部消費税課 軽減税率制度係長 山嵜 豪紀 氏

1.軽減税率の対象となる品目や取引について

2.請求書等への記載内容や帳簿の記載方法

3.農業事業者特有の取引等に掛かる軽減税率の取扱い例

   軽減税率対象      

     食用米 野菜果物 食用の花 菓子の材料となる種 

     枝肉や加工された肉

     チーズなどの加工品原料となる生乳 など

   軽減税率非対象   

     飼料用米 種もみ 苗木 鑑賞用花 生きた家畜 

     加工食品を販売するために使用する容器・包装資材 など

 

■応募締切:2月16日(金)  申込はこちら↓

案内:のぶし経営塾「軽減税率」.doc

 



開催概要

月 日平成30年2月21日(水)

場 所  :ANAクラウンプラザホテル(旧札幌全日空ホテル)3

        札幌市中央区北3条西19  TEL 011-221-4411

定員・参集範囲:150名

   北海道農業法人協会会員(一般、賛助3団体、サポーター企業)

   関係機関、興味のある一般の方など幅広く参集

セミナー会費:無料 

※宿泊、懇親会費は別途料金がかかります。

※懇親会(会員3,000円、非会員5,000円)

 

 

◆タイムテーブル

■13:00~14:50 第23回定期総会 (一般会員のみ

■15:00~17:00 農業法人経営セミナー2018 (北海道農政部主催)

①講 演:「ITツール「豊作計画」を活用した農業生産工程管理について」

  講 師:トヨタ自動車株式会社 

  アグリバイオ事業部農業支援室  主査 灘波 猛 氏

  流通情報改善部 オペレーション開発改善室  チーフエキスパート 杉山 和則 氏

  

②講 演:「鍋八農産の取組み」

 講 師:有限会社鍋八農産 代表取締役 八木 輝治 氏

 

■17:30~      懇親会(19:30終了)、2次会 

 

詳細・お申し込みはこちら

2018総会&経営セミナー案内.pdf
2018総会参加申込用紙.pdf

 

当日は名札代わりになりますので、名刺をご持参ください


(公社)日本農業法人協会では農業経営の発展に意欲ある農業者を募り「次世代農業サミット」を開催します。先進的な取組みを行う農業経営者の経営体験を報告し、参加者間でのグループ討議を行い、その課題解決の本質を探ることで経営ノウハウや知識を学びます。また、同じ悩みを抱え、奮闘する、信頼できる仲間のネットワークを構築し、次世代農業の創造及び発展につなげます。

 

1. 日時 平成30226日(月)~27日(火)

2. 会場 東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1 TEL03-5530-1111

3. プログラム

226日(月)>

1200  受付開始

1300    開会

テーマ:「農業生産」

◎基調講演   講師 ㈱さかうえ 坂上 隆 氏

◎グループ討議①

◎パネルディスカッション

  コーディネータ:熊本 伊織 氏(アグリコネクト㈱)

  コメンテータ:山田 敏之 氏(こと京都㈱)

  パネリスト:坂上 隆 氏(㈱さかうえ)

        土屋 梓 氏(㈱アグレス)

 

◎グループ討議②

◎交流交歓会

2030

 

227日(火)>

0900   開会

テーマ:「販売戦略」

◎基調講演  講師 ㈱六星 輕部 英俊 氏

◎グループ討議①

◎パネルディスカッション

  コーディネータ:熊本 伊織 氏(アグリコネクト㈱)

  コメンテータ:山田 敏之 氏(こと京都㈱)

  パネリスト:輕部 英俊 氏(㈱六星)

         宮本 貴夫 氏(㈱れんこん三兄弟)

◎グループ討議②

◎情報交換会

1500  閉会

 

4. 参加区分

〇サミット参加者 :   農業者(経営者、後継者、従業員等)

※ 50歳以上と50歳未満でグループを分けます。

〇観覧希望者 : 農業者、農業関連企業、協力団体など

※ 観覧希望者の中から、グループ討議での書記役を募集します。

 

5. 参加費

  協会会員 第3回       :20,000/人(税込)

  非会員  第3回         :30,000/人(税込)

   ※参加費は当日集金として、領収書を発行いたします。

   ※参加費には懇親会費および2日目の昼食代も含まれています。

   ※全日程参加を基本とし、1日のみの参加でも参加費は変わりません。

   ※「協会会員」は日本農業法人協会の会員であること。

    (賛助会員・アグリサポート倶楽部会員含む)

   ※第2回サミット参加時に「第2回・第3回一括」でお申込みの方は、

     第3回のイベント参加費が無料になります。

   ※参加申し込み後、やむを得ない事情によりキャンセルされる場合は、

    サミットの2週間前までにご連絡ください。

    それ以降は、参加費の請求をさせていただく場合があります。

 

6. お申込み方法

参加申込みフォームから、1名ずつお申込みください。

お申込みはこちら ⇒ 第3回 次世代農業サミット 参加申込みフォーム

北海道農業法人協会では、全国で頑張っておられる女性農業経営者をお招きしたセミナーと、女性従業員、経営者の奥さんなど、女性を対象とした交流会を開催いたします。

セミナーでは、女性の視点を取り入れた経営の事例に触れることができ、経営発展のヒントとなるのではないかと思います。

茶話会では、おなじ農業に携わる女性同士交流を図ります。抱えている問題や悩みなどおしゃべりし、問題解決のきっかけとしませんか?農場での忙しさを一時忘れて、楽しく交流のできる場にしたいと思います。

多数の参加をお待ちしておりますとともに、経営者の方には参加への積極的な後押しをお願いいたします。

   

日 時 平成30年1月13日(土)

場 所 かでる2.7 1020会議室(札幌市中央区北2条西7)

●【講演】13:00 14:45 

 「失敗が私に教えてくれたこと」

セブンフーズ株式会社(熊本) 代表取締役 前田佳良子 様

≪農業の未来をつくる女性活躍経営体100選受賞経営体≫

『日本の食を守る』『次世代を担う農業界の人材育成に貢献する』『セブンフーズ式農業を通じて環境保全および地域に貢献する』『全社員の物心両面の幸福を追求する』を経営理念に食と環境と人の未来のための経営を行っています。

 

●【茶話会】15:00 ~ 17:00 (※女性限定です)

場所札幌グランドホテル「ロビーラウンジ ミザール」予定

    (札幌市中央区北1条西4

会 費  1,700円(茶話会費用) 

締切り 12月28日(木)までにFAXにてお申し込みください 案内&申込書.pdf

    ※講演は男性も参加できます。茶話会のみ女性限定です。

農業経営者のための経営力スキルアップセミナー&個別相談会

農林水産省「出前経営局」北海道会場

 

主催:農林水産省、北海道(農政部・石狩振興局・空知総合振興局)

 

開催日 11月20日(月)

場 所  江別市民会館(江別市高砂町6番地)

総合受付(12:1513:00):1Fホワイエ(ロビー)

セミナー(13:0014:30):1F大ホール

相談会(14:3016:30):特設相談ブース

※受付後、該当の会場(ブース)をご案内します。

 

セミナー「法人経営改善の取組事例」

講師:トヨタ自動車株式会社新事業企画部バイオ・緑化研究所

参集範囲:農業を営まれる方(法人・家族経営問わず)、税理士、診断士等の農業経営の専門家、商工会議所・商工会等の中小企業支援機関等、金融機関、市町村、農業団体、農業・経営系専攻の教員・学生

 

個別相談会(事前申込制)

対象者農業を営まれる方(法人・家族経営問わず)

※ 事前申し込みを原則とします(石狩・空知管内の方を優先します)。

相談内容当日は、10名以上の専門家(行政、公的機関・団体、税理士、中小企業診断士、社会保険労務士、コンサルタント、金融機関等)をブース毎に配置し、事前申し込みをされた相談内容を総合受付で確認の上、ご案内しますが、時間等の都合により、ご要望に添えない場合もあります。

 

【主な相談内容】

○ 経営の法人化、経営継承(第三者を含む)

○ 税(青色申告、相続税等)

○ 経営診断、労務管理、社会保険、農業者年金

○ 農地の集積、補助金等

○ 制度融資、6次産業化、ビジネス・マッチングなど

 

お申込み 申込書.pdf

農業を仕事にするための相談会
『新・農業人フェアin札幌』が11/11(土)札幌コンベンションセンターにて開催されます。

北海道農業法人協会から、今年は11社が参加します。

就農までの道のりは様々。
独立を目指して研修生になる方法がひとつ。
新・農業人フェアは、各市町村も多く参加していますので、
市町村毎に受け入れ体制がどうなっているかというお話も聞くことができます。

また、農業法人に就職するという方法もひとつの選択肢です。
独立を目指す場合は、資金や土地など様々なハードルがありますが、
農業法人への就職は、リスクが少なく、
明日からでも農業を仕事にすることが可能です。

仕事をしながら様々なことを学び、
本当に自分が一生をかけてできる仕事かどうかを考えてみるのもいいと思います。

新・農業人フェアは、農業法人の担当者や各自治体の担当者から、
直接話しを聞けるチャンスです。
就農相談だけではなく、農を知り、学ぶことができるブースもたくさんありますので、
ぜひ足を運んでみてください。

◎日時 2017年11月11日(土)10:30~16:00(入場受付/15:30迄)
◎会場 札幌コンベンションセンター
    札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1(マップ
    地下鉄東西線「東札幌駅」より徒歩8分
◎入場 
 予約不要、入場無料、入退場自由、服装自由、履歴書不要、家族・知人連れ歓迎
◎出店内容
 農業を仕事にするための情報を気軽に得られるイベントです。就職・転職先や独立に向けた具体的な道筋を見つけられます。
・就農相談コーナー
・求人コーナー
・セミナーコーナー
・書籍販売コーナー
・食のコーナ―
<同時開催>
・森の仕事ガイダンス
・農林業合同面接会
◎対象
 農業を仕事にすることに興味のある学生・社会人・求職中の方・単身者・ご家族連れなど、どなたでもご参加いただけます。
◎セミナー
 農業基礎知識講座や国の支援策紹介、先輩ファーマーの体験談などあなたの「知りたい!」に応えるコンテンツも盛りだくさん!

◎詳細は下記ホームページからご確認ください。
 新・農業人フェア(地方相談会)ホームページ
 http://chiikilabo.mynavi.jp/2017/shin-nougyoujin/
 北海道農業担い手育成センター
 http://www.adhokkaido.or.jp/ninaite/info/2017/10/post-97.html

JAグループ北海道 農業経営フォーラム」が例年通り11月に開催になります。

()もち米の里ふうれん特産館 代表取締役社長 堀江英一 前会長も講演されます。

ご多用中とは存じますが、皆様御参加下さい。

 

日時 : 平成291114日(火) 13301630

会場 : 札幌ビューホテル大通公園 地下2階 ピアリッジ(札幌市大通西8丁目)

 

詳細はリンク先をご参照ください。

http://www.jabank-hokkaido.or.jp/pdf/20171002_furom.pdf

『しっかり学べる経理・財務の講座を』という声にお応えし、サポータークラブ会員のご協力により開催してまいりました標記セミナーも、改善を重ね今年で4回目の開催となります。過去の開催では『理解できるまで時間をかけて教えてもらえたので勉強になった!』『実際知りたかったことがピンポイントで学べたので大変良かった』とご好評をいただいております。

参加をご希望の場合は、申込欄に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込み下さい。              

 

■日 時:

≪初心者コース≫ 平成291113日(月)130018:00          

              月14日(火)   9001700        

≪経営者コース≫      1115日(水)130018:00          

               月16日(木)   9001700   

 

※各コースとも2日間の連続講座となります           

※各コース初日終了後に受講者ならびに講師を交えての懇親会を予定      

 

■場 所:かでる2・7(札幌市中央区北2条西7丁目)

 ≪初心者コース≫  13,14日:1020会議室

  ≪経営者コース≫     15,16日:610会議室


■参加費:おひとり各コース18,000円(講習12時間、テキスト2冊、2日目お弁当含む)

  ※両コース参加の場合は33,000円(テキスト代3,000円を減額)

  ※参加費は当日受付時にてお支払下さい

■講 師: 森下 浩 税理士(税理士法人アンビシャス・パートナーズ代表社員

               ラ・ファーム農業会計パートナーズ㈱代表取締役)

■内 容

≪初心者コース≫

≪1日目≫ 

1113日(月)

1300

1800

 

第1章 農業会計

・農業会計の特質について分かり易く解説します

第2章 簿記の基本

・財務分析の基礎となる資産・負債・費用・収益について基礎から確認します

・減価償却、試算表、決算について意味、計算・作成方法、手続きを基礎から確認します

≪2日目≫ 

1114日(火)

900

1700

 

第3章 財務諸表

・損益計算書、貸借対照表、貸借対照表と損益計算書の関係を基礎から確認します

第4章 農産物の原価計算

・原価計算の手続き、部門別原価計算について分かり易く解説します

 

~事例演習~

・自社の決算書を用いた財務分析(やさしめ)

※農業会計の初心者、従業員向けの講習です。これから会計業務にたずさわる方、復習をしたい方におすすめです。

※自社の決算書などを用いた演習を多く実施いたします。

 

≪経営者コース≫

≪1日目≫

1115日(水)

13001800

1章 記帳結果の分析と活用

・財政状態の分析、経営成績の分析について分かり易く解説します

・金融機関が行っている財務分析、技術分析について分かり易く解説します

~事例演習~

・統計データから同業平均値を学ぶ

・自社の決算書を用いた財務分析

≪2日目≫

1116日(木)

9001700

第2章 管理会計

・管理会計の重要性、経営計画の作成、決算対策の方法について分かり易く解説します

第3章 金融機関との付き合い方

・融資審査、資金繰表の作成、粉飾決算の意味について分かり易く解説します

~事例演習~

自社の決算書を用いた融資審査

※法人経営者向けの講習です。次の担い手として期待されている方、

契約している税理士の話がいまいち理解できない方におすすめです。

※融資や投資を受けるための方策について考えます。

※自社の決算書などを用いた演習を多く実施いたします。

 

■その他:受講の際は、2期分の自社の決算書をお持ち下さい。

■申込用紙 のぶし経営塾「農業経理財務集中講座」案内申込.pdf

○研修趣旨 :今回の国内視察交流研修は、四国・愛媛です。従業員の皆様にもお気軽にご参加いただける内容ですので奮ってお申込みください。

○実施期間 : 平成29年11月26日(日)~11月28日(火) 2泊3日

        参加費90,000円~

○申込締切 : 平成29年10月27日(金) ※航空券の最終申込が早まりました

/

発着

時間

行程

開始

終了

11

/

26

 

新千歳発・羽田着

羽田発・松山着

松山空港 出発

西予市 着

宇和島市内 着

9:00

10:00

12:35

14:30

16:00

18:15

 

11:35

14:00

16:00

17:30

新千歳空港集合

JAL504

 

貸切バス移動

「無茶々園」視察

夕食       宇和島クレメントホテル泊

11

/

27

宇和島市内 移動

 

 

 

松山市街着

 

 

8:20

9:00

10:45

12:30

16:45

17:00

19:00

 

10:30

12:00

15:00

17:00

18:30

21:00

ホテル発

「中村パール」 視察・観光

「ベルグアース」視察

「あすも/藤原コーポレーション」 視察・体験

ホテル着チェックイン後 バスにて道後温泉移動

道後温泉街 散策  終了後バスにてホテルに移動

夕食          ネストホテル松山泊

11

/

28

松山市内 移動

 

 

松山空港 着発

羽田空港 着

羽田発・新千歳着

9:50

10:00

12:00

14:00

16:10

17:35

10:00

11:30

13:15

14:50

17:35

19:05

ホテル発

松山城 見学

道の駅「風早の郷 風和里」

 

JAL436

JAL525   解散

 

 

≪宿泊について≫ 

一人部屋追加(料金二泊分)1名様あたり¥2,160-(ただし数に限りがあります)

 

≪指定担い手割引について≫

※次世代経営者育成を目指し、担い手候補の研修参加に対して1万円の助成を行います。

※指定担い手は、会員経営者が指定する担い手候補(1社1名)といたします。年齢、勤続年数は問いません。

※指定担い手は、研修の全行程に参加し、研修後に報告書の提出をお願いいたします。

※指定担い手割引を利用される経営者の方は、後日実施するアンケート調査にご協力ください。

 

≪お申込み・手配≫:㈱ノマド 担当/河本 FAX:011-261-1998

TEL:011-261-2039

 

E-Mail:kawamoto@hokkaido-nomad.co.jp

(別紙「申し込み用紙」記入の上、FAX・郵送・e-mailにて、お申込み下さい。)

(注:別手配やシングル希望などご希望がありましたら、申込書の備考欄にご記入願います。)

2017申込用紙.pdf


○企画お問合せ:北海道農業法人協会事務局 担当/本西、鍛冶 TEL011-233-0145

 

 

≪研修内容≫

 

◆無茶々園

 19745月に広福寺住職の好意で15aの伊予柑園を借り受け、有機農業の研究園として設立。

1987年に明浜町農協の有機農業部会として認められ、会員数、栽培面積、生産量が増加し1989年法人化。1994年「株式会社地域法人無茶々園」を設立。2004年『地域協同組合無茶々園』を設立。有機栽培を軸とした地域づくりを実践している。

2016年農林水産祭むらづくり部門天皇杯受賞)

 

◆ベルグアース株式会社

野菜苗生産販売を中心としたアグリビジネス企業。2001年に株式会社山口園芸から研究開発部門・企画部門・販売部門を分社化して誕生。2005年に山口園芸より業務譲渡を受け、接ぎ木までの育苗業を開始。現在では、生産量日本一を誇る。2011JASDAQ市場上場。

2006年には、日本最大級となる閉鎖型苗生産施設を建設。減農薬・高品質苗「e苗」シリーズの他、生分解性ポットを使用した「アースストレート苗」、お客様のお好みに育てていただける「ヌードメイク苗」など、時代やニーズに応える新商品を次々に生み出す。

(※視察時期が苗生産の閑散期となるため観られる品目が少なくなります)

 

◆あすも

「次世代に伝統の味を残したい」。そして「農家女性として『経済的自立』をしたい」という思いから、2003年農産加工施設「あぐり工房」として開設。農家女性4人で大きな目標を掲げ、農業の副業として活動をスタート。2014年「企業組合津島あぐり工房」と改組し、カフェ部門、「あすも」をオープン。

「昔ながらの生活習慣や食文化を取り戻しませんか。良いものは残していきませんか。明日も一歩一歩私たちと」

 

≪キャンセルについて≫

10/27までのキャンセル:無料、10/28から11/18まで:旅費の20%、11/19から24まで:30

11/25~旅行当日(出発前):50% 、旅行出発後:100

北海道農業法人協会

〒060-0062
札幌市中央区南2条西6丁目8-14
一閤(いっこう)ビル1F

[アクセスマップ]

[営業時間]9:00~17:00
[TEL]011-233-0145
[FAX]011-233-0133

ACA選手権試合

記事カテゴリ

過去の記事

GO TO TOP