お知らせ

○研修趣旨 :今回の国内視察交流研修は、四国・愛媛です。従業員の皆様にもお気軽にご参加いただける内容ですので奮ってお申込みください。

○実施期間 : 平成29年11月26日(日)~11月28日(火) 2泊3日

        参加費90,000円~

○申込締切 : 平成29年10月27日(金) ※航空券の最終申込が早まりました

/

発着

時間

行程

開始

終了

11

/

26

 

新千歳発・羽田着

羽田発・松山着

松山空港 出発

西予市 着

宇和島市内 着

9:00

10:00

12:35

14:30

16:00

18:15

 

11:35

14:00

16:00

17:30

新千歳空港集合

JAL504

 

貸切バス移動

「無茶々園」視察

夕食       宇和島クレメントホテル泊

11

/

27

宇和島市内 移動

 

 

 

松山市街着

 

 

8:20

9:00

10:45

12:30

16:45

17:00

19:00

 

10:30

12:00

15:00

17:00

18:30

21:00

ホテル発

「中村パール」 視察・観光

「ベルグアース」視察

「あすも/藤原コーポレーション」 視察・体験

ホテル着チェックイン後 バスにて道後温泉移動

道後温泉街 散策  終了後バスにてホテルに移動

夕食          ネストホテル松山泊

11

/

28

松山市内 移動

 

 

松山空港 着発

羽田空港 着

羽田発・新千歳着

9:50

10:00

12:00

14:00

16:10

17:35

10:00

11:30

13:15

14:50

17:35

19:05

ホテル発

松山城 見学

道の駅「風早の郷 風和里」

 

JAL436

JAL525   解散

 

 

≪宿泊について≫ 

一人部屋追加(料金二泊分)1名様あたり¥2,160-(ただし数に限りがあります)

 

≪指定担い手割引について≫

※次世代経営者育成を目指し、担い手候補の研修参加に対して1万円の助成を行います。

※指定担い手は、会員経営者が指定する担い手候補(1社1名)といたします。年齢、勤続年数は問いません。

※指定担い手は、研修の全行程に参加し、研修後に報告書の提出をお願いいたします。

※指定担い手割引を利用される経営者の方は、後日実施するアンケート調査にご協力ください。

 

≪お申込み・手配≫:㈱ノマド 担当/河本 FAX:011-261-1998

TEL:011-261-2039

 

E-Mail:kawamoto@hokkaido-nomad.co.jp

(別紙「申し込み用紙」記入の上、FAX・郵送・e-mailにて、お申込み下さい。)

(注:別手配やシングル希望などご希望がありましたら、申込書の備考欄にご記入願います。)

2017申込用紙.pdf


○企画お問合せ:北海道農業法人協会事務局 担当/本西、鍛冶 TEL011-233-0145

 

 

≪研修内容≫

 

◆無茶々園

 19745月に広福寺住職の好意で15aの伊予柑園を借り受け、有機農業の研究園として設立。

1987年に明浜町農協の有機農業部会として認められ、会員数、栽培面積、生産量が増加し1989年法人化。1994年「株式会社地域法人無茶々園」を設立。2004年『地域協同組合無茶々園』を設立。有機栽培を軸とした地域づくりを実践している。

2016年農林水産祭むらづくり部門天皇杯受賞)

 

◆ベルグアース株式会社

野菜苗生産販売を中心としたアグリビジネス企業。2001年に株式会社山口園芸から研究開発部門・企画部門・販売部門を分社化して誕生。2005年に山口園芸より業務譲渡を受け、接ぎ木までの育苗業を開始。現在では、生産量日本一を誇る。2011JASDAQ市場上場。

2006年には、日本最大級となる閉鎖型苗生産施設を建設。減農薬・高品質苗「e苗」シリーズの他、生分解性ポットを使用した「アースストレート苗」、お客様のお好みに育てていただける「ヌードメイク苗」など、時代やニーズに応える新商品を次々に生み出す。

(※視察時期が苗生産の閑散期となるため観られる品目が少なくなります)

 

◆あすも

「次世代に伝統の味を残したい」。そして「農家女性として『経済的自立』をしたい」という思いから、2003年農産加工施設「あぐり工房」として開設。農家女性4人で大きな目標を掲げ、農業の副業として活動をスタート。2014年「企業組合津島あぐり工房」と改組し、カフェ部門、「あすも」をオープン。

「昔ながらの生活習慣や食文化を取り戻しませんか。良いものは残していきませんか。明日も一歩一歩私たちと」

 

≪キャンセルについて≫

10/27までのキャンセル:無料、10/28から11/18まで:旅費の20%、11/19から24まで:30

11/25~旅行当日(出発前):50% 、旅行出発後:100

会員の生産現場ならびに先進、優良事例について視察し、交流を深めます。

実施日時:平成29年8月25日(金)

          

12:50   帯広駅南口 とかちプラザ前集合

13:00  出発  貸切バスで移動

  

14:00 有限会社ドリームヒル 視察研修60分

 上士幌町の酪農家4戸で法人化。平成28年度生乳生産量20,499トンは北海道トップ。

  敷地内で生産されるジェラートはふるさと納税返礼品としても人気        

  ↓

16:00 農事組合法人 西上経営組合 視察研修60

  鹿追町西上幌内地区の8戸で法人化。観光農園や加工事業にも意欲的に挑戦している。

 現在は農産部門に注力し内部充実を図っている。

  

18:00 帯広駅北口 到着

  ↓           

18:30 懇親会

※現地集合、現地解散となります。宿泊の手配は各自でお願い致します。

 

 

○視察参加費:北海道農業法人協会会員 無料  非会員 3000円

 懇親会参加費:5000円

○申込み 参加ご希望の方は申込用紙にご記入頂き、FAXにてお申込みください 

○お問い合わせ先 :北海道農業法人協会事務局  TEL:011-233-0145 FAX:011-233-0133

○募集人数 40名 

○締切 88日(火)

    バスの定員等限りがございます。お早目にお申し込みください。

2017道内視察(募集案内).doc


この度当協会では農林水産省のコメ政策係担当者を招き、標記意見交換会を開催いたします。

詳細につきましては下記をご覧のうえ、参加をご希望の場合は、申込欄に必要事項をご記入の上、お申込み下さい。                       


■日 時:平成29年7月21日(金)13:15~15:45     

■場 所:かでる2.7 550会議室 (所在地: 札幌市中央区北2条西7丁目) 

■参加費:無 料   

■懇親会: 4,000円予定

■内容:

情報提供/平成30年産に向けたコメ政策について

 

■応募締切:7月14日(金)12:00まで 

 

■その他:会場の関係から申込者多数の場合は、参加者を調整させていただく場合がございますことをご了承ください。

・意見交換会終了後懇親会を予定しております(会費4,000円予定)

     ※当日でのキャンセルは受けかねますのでご了承ください

■申込み用紙 のぶし経営塾「コメ政策に係る情報交換会」案内申込.pdf

今回の「のぶし経営塾」では、農業経営の効率化に期待される「クラウドサービス」をテーマに開催いたします。

「そもそもクラウドって何?」「どんなメリットがあるの?」「導入するに気をつけないといけないことは?」といったクラウドサービスの概要を解説するとともに、サポータークラブ会員様が提供しているクラウドサービスについての情報提供を行います。

詳細につきましては下記をご覧のうえ、参加をご希望の場合は、申込欄に必要事項をご記入の上、お申込み下さい。            

 

■日  時:平成29年7月25日(火)14:0016:45

■場  所:かでる2.7 110会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)

参加費無料

内  容

①クラウドサービスの概要            14:05 ~ 14:20

②サポーター会員各社サービス紹介        14:20 ~ 16:45

 1)北海道日立システムズ

    「産直・直売農向け販売管理クラウドサービス」

 2)日の丸産業社

    「営農管理システム フィールドノート」

 3)クレディセゾン

    「「永久不滅ポイント」を活用した農作物の販売拡大施策」

 4)マネーフォワード

    「農業のバックオフィスにもクラウドを。MFクラウド会計」           

 

■応募締切:7月21日(金) 

案内申込:のぶし経営塾「クラウド」.pdf

「全国キャラバン!食の発掘商談会in札幌」では、「募集説明会」「地域交流会(相談会)」及び「商談会」を一体的に実施することで、商談会への参加経験がない方でも参加しやすいようにサポートをします(地域交流会(相談会)のみ参加も可能です)。

【募集説明会】

1.日時:平成29年6月2日(金)13:3015:00

2.場所:北海道建設会館(札幌市中央区北4条西3丁目1番地)

3.申込方法:

E-mailでのお申し込み

  ①会社名 ②参加者全員の氏名 ③連絡先(電話番号) ④希望会場名(札幌会場と記載)を記載のうえ下記アドレスまでお申し込みください。

  E-mail: jtbmatching@west.jtb.jp

FAXでのお申し込み

  下添ファイルを印刷し、必要事項を記載のうえ、FAXでお送りください。

  FAX06-6886-1615

詳細はこちらをご覧ください

http://jtb-matching.com/japanfood2017/data/bs/sapporo.pdf

【地域交流会】

1.日時:平成29年7月6日(木)10:0016:30(予定)

2.場所:札幌市資料館 (札幌市中央区大通西13丁目)

3.内容:商談会に向けたバイヤーとの個別相談会、名刺交換会

【商談会】

1.日時:平成29年9月28日(木)8:5017:10(予定)

2.場所:札幌パークホテル(札幌市中央区南10条西3丁目)    

3.内容:確実にバイヤーと商談できる「アポイント型個別商談会」をメインとし、 また、展示会の場や名刺交換会もございます。バイヤーからの「指名制商談会」も実施します 。
 詳細は、「全国キャラバン!食の発掘商談会2017」のHPでご確認ください。
 また、地域交流会、商談会の申し込みはHPから行いますので、HPをご確認
願います。
 http://jtb-matching.com/japanfood2017/?ps=exer-entry&area=2
 

 女性農業次世代リーダー育成塾の第4期スタートに際しまして、道内2か所にて入塾説明会が開催されます。
育成塾には、全国から新しい学びを求めてアンテナを延ばしている農業経営者が集まりますので、お互いに経営を高め合える仲間と出会える絶好の場でもあります。今回の入塾説明会は、道内で塾の具体的な内容についての説明が聞け、さらに講演の一部に触れられるチャンスです。参加を希望される方は、下記よりお申込み下さい。

日時場所
 5月24日(水)13:30~16:30 帯広商工会議所 第1会議室
 5月25日(木)13:30~16:30 北農保健会館 小会議室

内  容:
 1.女性農業次世代リーダー育成塾第4期の説明
   2.事業経営に関しての講義・実習
   3.質疑応答   

参加対象者:女性農業者もしくは男性の共同経営者

お申込みお問いわせ
農林水産省補助事業 輝く女性農業経営者育成事業 次世代リーダー支援事業 共同事務局
(受託:株式会社アール・ピー・アイ)
TEL:03-5212-3411(受付時間)平日10:00~17:00
E-mail ikuseijuku@rpi.co.jp
http://www.jma.or.jp/kagayaku-nj/news/ikuseijuku/info.html

開催日時・場所 

(1)札幌会場 

   平成2963日(土)

北海道自治労会館(札幌市北区北6条西7丁目5-3)

   主催:(公財)北海道農業公社

 

(2)札幌会場(2回目)

平成291111日(土)

札幌コンベンションセンター

(札幌市白石区東札幌61丁目1-1

主催:()マイナビ 協力:(公財)北海道農業公社

 

(3)道外会場において「北海道新規就農フェア」を開催~別途案内

   ※()リクルートジョブズ主催「新・農業人フェア」会場を利用

 ①東京会場

平成29723日(日)

  東京国際ファーラム

(東京都千代田区丸の内3-5-1

②大阪会場

平成30127日(土)

大坂マーチャンダイズ・マート(OMM)

    (大阪府大阪市中央区大手前1-7-31

 

(4)北海道新規就農フェア(新規 東京)

   時期未定 平成299月又は10月ごろ

   パソナ農援隊


新規農業フェア.pdf

本年4月14日、主要農作物種子法を廃止する法律案が可決・成立され、平成30年4月1日から施行されることとなりました。

 このため、法律廃止に係る考え方や今後の種子生産について関係者へ周知を図るため、標記の説明会を下記の日時・場所で開催させていただきます。

  また、参加を希望される方につきましては、申込用紙に所属、役職、氏名をご記入の上、5月15日(月)までに北海道農政事務所生産経営産業部生産支援課までFAX011-330-8609)していただきますようお願いします。

 

 開催日時:平成29年5月19日(金)13:30~(所要時間2時間程度)

 開催場所:北海道自治労会館5Fホール

      〒060-0806 北海道札幌市北区北6条西7丁目5-3 

 申込み用紙:説明会案内_種子法関係(案内申込書).pdf


東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」という。)では、世界各国から多くの外国人が来訪することが見込まれており、和食や我が国の高品質な食材をアピールする絶好の機会となっております。

この度、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会では、食材(農産物・畜産物・水産物)の調達基準(以下「食材調達基準」という。)について策定したところですが、この基準では、食品安全、環境保全、労働安全等を要件とし、例えば農産物ではJGAPAdvanceGLOBALG.A.P等がこれらの要件を満たすものとして掲げられております。この食材調達基準は、東京2020大会で提供される飲食サービスに適用されることになるため、国産の食材をできるだけ多く提供するためには、生産現場での取組が欠かせないものとなっております。

つきましては、生産者、流通事業者、量販店等のサプライチェーンを担う方々に持続可能性に配慮した調達コード、食材調達基準について理解いただくための説明会を開催します。

 

日 時 平成29512日(金)13:3015:00

場 所 共済ホール(札幌市中央区北4条西1丁目1番地 共済ビル6F  011-251-7333

議 題 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会における食材調達基準について

内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会

推進本部事務局 勝野参事官

 

参集範囲  生産者、農業団体、食品事業者、食品流通業者、行政担当者

 

主 催 農林水産省北海道農政事務所

 

出席申込み方法 必要事項をご記入の上、FAXにてお申込み下さい

食材調達基準説明会の開催について(案内).docx


  申込締切 5月8日(月)

北海道農業法人協会酪農部会では414日(金)に第2回総会と、ホクレン農業協同組合連合会の酪農関係担当者を招いた標記意見交換会を開催いたします

 

■日時:平成29年4月14日(金)10:0016:30

■場所:ホテルモントレエーデルホフ札幌(札幌市中央区北2条西1丁目1-10

 Tel 011-242-7111

内容

①酪農部会第2回総会           10:00 ~ 12:00

  1)平成28年度事業報告

  2)平成29年度事業計画(案)

 

②ホクレンとの意見交換会

1部 乳価交渉について        13:30 ~ 15:00

2部 酪乳業の状況ならびに

       増産体制構築について   15:00 ~ 16:30

 

■応募締切:4月10日(月) 

諸注意: ※意見書などお持ちの方は必ず午前の総会に出席し内容についての説明をお願いいたします。

 

その他:全会終了後懇親会を予定しております(会費5,000円予定)

       ※当日でのキャンセルは受けかねますのでご了承ください

北海道農業法人協会

〒060-0062
札幌市中央区南2条西6丁目8-14
一閤(いっこう)ビル1F

[アクセスマップ]

[営業時間]9:00~17:00
[TEL]011-233-0145
[FAX]011-233-0133

ACA選手権試合

過去の記事

GO TO TOP