(活動報告)第9回のぶし経営塾「平成25年度大型酪農研修会」

11月27日(木)トーヨーグランドホテル(中標津)において、平成25年度第9回のぶし経営塾「平成25年度大型酪農研修会」を開催いたしました。

 今年度の大型酪農研修会は、講師に内閣府規制改革会議農業タスクフォースの事務局長幹事を務められた信金中央金庫中小企業支援部審議役の高田眞氏を講師に迎え、『酪農経営の考察』と題した講演をいただきました。講演では、酪農業界の動向が紹介され、多くの経営体が本業の赤字を抱えており、酪農業が経営努力の結実しづらい産業構造ではあることや、大規模経営ゆえの生産性の課題が紹介され、本業赤字を穴埋めするために借り入れを行う負のスパイラルから脱却を図るためにも、正しい計上による正確な経営判断を行い、長期借入においても導入する施設機械が固定資産に見合った利益を出せるのか慎重に計画を積み上げることの大切さや、固定資産回転率を向上させるための多角化などが提案されました。

 会の後半では、参加者によるフリーディスカッションが行われ、人材確保とコストコントロール、多角化をテーマに、各農場が抱えている事例や解決方法などについて意見交換を行いました。

のぶし9-1.jpg

のぶし9-3.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です